韓国のお箸

2011-12-12

韓国料理のお店に行くと、置いてあるお箸は銀色に輝いていますよね。
形もちょっと平たかったりするステンレス製のお箸。
木製や竹製に慣れている日本人にとっては、ちょっと違和感。
しかも、つるつる滑るから、つかみにくいし・・・。

なんで、いつも銀色お箸なのか?
聞いてみました。

実は、意外とふる~い歴史がありました。
朝鮮半島は、いろんな民族から侵略を受け、
古代の三国時代から朝鮮戦争に至るまで、
国が分裂して戦うという悲劇の歴史があります。
そんな戦火を逃れる市民は、木製のお箸だと
移動中に簡単に折れてしまうため
丈夫な金属製を使うようになったといわれています。

そして、上流階級の人たちは、銀製のお箸を使っていたそうです。
銀は、ヒ素などの毒に反応するので、食事に毒が入っていないか、
身を守るために銀製を使用していたのです。。

でも、多くの韓国人は、チゲと一緒のご飯もスプーンで済ませてしまう
ことが多いので意外とお箸を使うのが下手だとか!
クォン先生も日本に来た当初、
すべてお箸で食べるのがちょっと苦痛だったそうです(笑)

column1202
Copyright© 2013 パル韓国語スクール All Rights Reserved.