8月, 2011年

韓国の在宅勤務

2011-08-23

今夏、節電対策の一環として「在宅勤務」が急速に拡大しつつありますよね。
韓国の企業でも、「在宅勤務」はあるのでしょうか?

もちろん韓国にもあります。
韓国でも『スマートワーク(Smart Work)』が拡大しつつあるそうです。
(日本では『テレワーク(Telework)』って言われていますよね)
『スマートワーク』とは、パソコンやスマートフォン等を活用して、
好きな時間に好きな場所で働くことをいいます。
具体的には、①自宅、②会社以外の場所、③スマートワークセンター。

「・・・3つ目の『スマートワークセンター』って何!?」って思いましたか?
日本ではあまり聞いたことがないですよね。
日本の『テレワーク』というと、主に在宅勤務のことがクローズアップされますが、
韓国の特徴は、『スマートワークセンター』なる施設を創設している点です。
『スマートワークセンター』には、パソコン、電話、FAX、コピー機など
業務に必要な設備が整っているだけでなく、
食堂や保育施設まで完備されており、会社が自宅から遠い!従業員は
自宅近くの『スマートワークセンター』で働くことができるのです。
従業員は通勤時間を短縮できるし、会社はオフィススペースの削減=経費削減、となります。

大手通信企業のKT(Korea Telecom)では、2010年9月から導入し、
更にすべての職員にiPadを支給したそうです。(いいなぁ~)
他にも、サムスン、韓国IBM、アモーレ・パシフィックなどの
大企業を筆頭に導入が進んでいるそうです。

ちなみに、韓国はOECD(経済協力開発機構)加盟国のうち最も労働時間が長いとか。。
むかし、日本人は働きすぎだと国際非難されて週休2日制度が導入され・・・と、
徐々に短縮されていきましたよね。
韓国もそうなるのかな?

韓国の伝統茶「五味子茶」

2011-08-18

記念すべき第一回目は、パル韓国語スクールのレッスン終了後にお出しする「五味子茶」について。
ハングルでは、「オミジャチャ」と発音します。(カタカナで書くと先生に怒られるけど・・・汗)

スタッフが初めて「五味子茶」と出会ったのは、ツアーで行った韓国ソウルにて。
ソウルの仁川空港まで迎えに来てくれた美人ツアーガイドさんから、
パックに入った「五味子茶」をいただいたのが素敵な出会い。
(ちなみにこのパック、レトルトカレーが入ってるようなアルミのパックです。
日本の飲み物が入ってる四角い紙パックとは違うんですねー。これまた新鮮な驚き)

パックにストローをさし、恐るおそる飲んでみると、「すっぱいっ!!」
渋い顔をした私を見て、ツアーガイドさんは笑いながら
「酸っぱいですかー?これは漢方薬として使われていて、とっても体にいいんですよ~。」とのこと。
ふむふむ、確かに体にいいかもね、この酸っぱさ。
その時はとにかく酸っぱく感じたのですが、実は、その人の体調によって
「酸味」「甘味」「苦味」「辛味」「塩味」の5つの味を感じるそうなのです。
「酸味」と「苦味」なら肝臓、「甘味」なら子宮、「辛味」なら肺。
漢方的効能は、滋養強壮、長引く咳を鎮める効果があるそうです。

もう一度飲みたい!と、ソウル滞在中に訪れた仁寺洞の素敵なカフェで注文してしまいました。
う~ん、やっぱり酸っぱいけどね(笑)

tea3
Copyright© 2013 パル韓国語スクール All Rights Reserved.