韓国でお酒を飲むとき

2013-11-13

日に日に寒くなり、そろそろ忘年会の予定をたて始める頃でしょうか?
今日は、韓国でのお酒の飲み方についてお話しします。

韓国には色々なおいしいお酒があります。皆様は韓国のお酒が好きですか?
韓国でお酒というと、やっぱり焼酎「チャミスル」が一番有名ですよね。
皆様もぜひ飲んでみてください。

お酒が好きな韓国人の酒文化をみると、ちょっと不思議なことに気づくと思います。
なぜ韓国人は、目上の人とお酒を飲むとき、顔を横に回して飲むのでしょうか?
なぜそんなに目上の人に気を使うのでしょうか?
それを理解するためには、韓国人の思想を知ることが必要です。

韓国の国は、朝鮮時代から「儒教の文化」です。
韓国では中学生の授業で「倫理」の教科があります。その中では儒教の思想も学びます。
中国の孔子が作った儒教には、道德思想「三綱五倫」がありまして、その五倫の中にある「長幼有序」には、“大人と子供の間では社会的な順番と秩序がある”と書かれています。

昔、朝鮮時代ではこの儒教を国の統治思想としたので、その思想が今でも根付いています。
そのため韓国の社会では、親と子供、社長と部下、先生と弟子、年上と年下、先輩と後輩の上下関係がものすごく徹底的に守られています。

そういうことで色々な状況の中でお酒を飲む時にも、酔っぱらうとその関係性が崩れる可能性があるので特に気を使わなくてはなりません。

私の場合でも高校を卒業後、父からお酒の飲み方を教えられました。
◆目上の人からお酒を勧められると、盞をして断ることが難しい。
◆お酒を飲む時には目上の人の前では正面ではなく顔を横に回して飲む。
◆酔っぱらっても目上の人の前では我慢すること。
◆おつまみを食べる時にも目上の人が先に食べるのを待つこと。
など、色々な規則があります。

最近では、昔と違ってすこし緩くなってきましたが、目には見えないこのような文化が韓国の社会に浸透していることは、とても興味深いことですよね。

Copyright© 2013 パル韓国語スクール All Rights Reserved.